07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

「磯田皓と12人の作家たち」展 

【展覧会のご案内】

chirashi.jpg

chirashi2.jpg


愛知県立芸術大学創立50周年関連事業・為三郎記念館特別展
「磯田皓と12人の作家たち」


8月20日(土)より古川美術館分館為三郎記念館にて開催いたします。
私も参加させていただいている会の展覧会です。
ぜひご高覧いただけましたら幸いです。

[会期] 平成28年8月20日(土)-10月10日(月・祝)
[会場] 為三郎記念館(古川美術館分館) 名古屋市千種区池下町2丁目50番地 電話 052(763)1991
http://www.furukawa-museum.or.jp/
[開館] 午前10時~午後5時(最終入館は午後4時半)
[休館日] 月曜日 *9月19日(月祝)は開館、翌日20日(火)は休館
[主催] 公益財団法人 古川知足会
[協力] 皓の会
[後援] 愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会、中日新聞社、スターキャット・ケーブルネットワーク株式会社、あいちトリエンナーレ2016パートナーシップ事業

「芸術はDo!だ」。これは、固まることないモノづくりを信条とする磯田皓の言葉です。愛知県立芸術大学名誉教授であるデザイナー磯田皓。磯田皓のデザイン観。それは己をデザインすること。生をデザインすること。美術も音楽もいかなることも全ての表現行為はその一端であること。その考えから生まれた彼の人生を彩るのは、狂言肩衣のデザイン、郵便切手のデザイン、イラストレーション、書籍装丁、絵画、書、エッセイなどグラフックにとどまらない多岐に渡るデザインの数々です。それらの仕事、作品はどれも知的でシンプル且つ時空を越えた美しいものです。本展では、磯田自身の秘蔵作品も含めてデザインの神髄をご覧いただきます。
また、磯田の教えを受け様々な分野で活躍する12人のアーティストの作品も同時に展覧し、空間を演出します。作家たちがみせる出会い、爲三郎記念館の瀟洒な空間との響きあいをどうぞお楽しみください。  (展覧会案内文より)

●出品作家
磯田皓
大西美恵子、河野清志、小島加奈子、佐々木悟郎、杉井観峯、杉崎若奈、辻本絵美、永澤仁、橋寛憲、林紕さ子、藤原亜南、吉田賢治

■展覧会関連イベント(詳細はチラシ画像にてご覧下さい)
・「芸術はDO!だ」イタリアバロック音楽の夜明け~ポルトガルのゲストと共に
10月7日(金) [出演]小林史子(ソプラノ)、小原道雄(チェンバロ)、アントニオ・カリーリョ(リコーダー)
[演出]大西美恵子

・出品作家によるアーチストトーク
 8月20(土)、9月24日(土)

・作家ワークショップ
 ①9月4日(日)「針金で動物モビールを作ろう!」
 [講師]橋寛憲(針金造形作家)
 ②9月14日(水)「型染め(ステンシル)体験、トートバックに模様を染めよう」
 [講師]林紕さ子(染色家)

古川美術館WEBサイト <次回の展覧会情報>

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  作品展

プロフィール

WORKS [作品]

カテゴリ

最新記事

過去の日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。