09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

気のキャッチボール 

大人でも子供でも、人と接していて楽しいなあと思える時は「気」のキャッチボールが合った時です。
相手の年や性格を想いながら様々な玉を投げて、又受け止める事に長けた人に出会うと本当に尊敬します。
それは会話のテクニックによるもので無く、自分を思いやってくれる気持から投げられるボールは受け止めたいと思わせてくれるし、こちらもいい玉で返したいという気持になります。

玉を投げてただ自我を満たしたい人にとって都合のいい”壁”状態になってる?
なんて自分が思ってしまう相手との関係はおもしろくないものになってしまいます。
人が自我を満たす為の相手でしか無くなるから気をつけなければと思います。

今までの自分の価値観を刷新するような新鮮な玉を投げかけてくれた時や、逆に思いもしなかった玉が自分の中から投げられ相手がそれを受け止めてくれた時はとても幸せな時間です。

玉を投げるのも一つの表現。
今まで私のヘタな玉でもキャッチして下さってきた様々なご縁には感謝です。


[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  暮らしの窓

プロフィール

WORKS [作品]

カテゴリ

最新記事

過去の日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。