09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

夜のエゾシカとエゾフクロウ 

先日お客さまを迎えに行くのに
夜霧深い畑の中の一本道をこわごわ車を走らせていました。
霧の向こうの道のど真ん中に人影のようなものが見えたので減速しました。
近くまでいくと、人かと思っていた物体は一頭のオス鹿でした。
あちらもよく見えなかったみたいで、車に気づくと白いお尻を見せながら暗闇に消えて行きました。
霧の中の鹿ってぶつかったら車も鹿も大変なことになるので恐いのですが
この鹿の現れ方はちょっと美しかったのでしばらくぼーっとしてしまいまいた。

IMG_6710.jpg

またしばらく走っていると今度は森の中の道で何かがフロントガラスにぶつかりそうになりました。
白と黒のしましま模様の羽がばさばさと横切って行きました。
フクロウか?

IMG_6709.jpg

客人をのせての帰り道。
再び同じ森の道を通ると、先ほど鳥がぶつかりそうになった地点と同じ場所でやはりフクロウがいました。

IMG_6707.jpg

道路に何かエサとなるものがあったのかもしれない。
地面から木に飛び立つところでした。

IMG_6713.jpg

エゾフクロウ
なかなかこんなにはっきりお目にかかれることはありません。
フクロウはこちらを見下ろしていました。
何かとても得した気分。

送迎の用事だったのに何かナイトサファリのようなドライブになりました。


[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  森の時間

プロフィール

WORKS [作品]

カテゴリ

最新記事

過去の日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。